国内販売業務のページはこちら 海外貿易業務のページはこちら リサイクル業務のページはこちら


ホイールのサイズって何?

ホイールのサイズっていろいろありますよね。
「自分の車にはどのサイズが合うのかな?」
「数字の意味って?」
など、ホイールサイズに関する疑問について簡単に紹介させて頂きます。
よかったらご覧になってください。タイヤのサイズって何?も合わせてご覧下さい。
たとえば、 「今履いているタイヤよりもう少し幅広なタイヤにしたい」 「雑誌などで掲載してるホイールを履きたい!!」 などなど、色々あるかと思います。 しかし自分の車に合うのはどれ??? 悩みますよね!! その時、重要になってくるのがこのホイールサイズです。

☆ホイールサイズの見方☆

-ホイールの数字の意味って?-
16
リム径
×5.0
リム幅
J
フランジ形状
+45
オフセット
100
P.C.D
/
4H
ボルト穴
リム径ホイールの直径、大きさのこと。タイヤ内径と同じで単位はインチ(約2.54cm)で表す。
リム幅ホイールの奥行き、太さのこと。殆どの場合0.5インチ刻みで大きくなる。
フランジ形状ホイールの外周、縁の部分の形状を現す。B・J・JJなどがありますが、気にしなくても大丈夫です。
オフセットホイールの中心線から取り付け面までの距離。とても重要な部分です。
P.C.D
ボルト穴
P.C.Dはボルト穴の中心を結んでできた円の直径。ボルト穴は車にホイールを取り付けるボルトの穴数。車種別に決まっていて、この2つが合わないと装着できません。

☆インチアップ・ドレスアップ☆

-現在装着されてるホイールを変更したい場合-
       雑誌などで見かけるホイールやタイヤを装着したい場合は
       ・お車の車検証のご確認をお願い致します。
       ・車検証に記載されてます、情報を当社にお知らせ下さい。
      ○車名      ┓
      ○初度登録年月日 ┣基本的に必要な事項です。(下記画像参考)
        ○型式      ┛

        --備考(お車の状態)--
    ・ローダウンの有無(お車の車高を変更してるか)
    ・フェンダー加工の有無
    ・ブレーキ(キャリパー・ローター)交換の有無
    標準の状態と異なる場合はお知らせ下さい。
 
【車検証の確認】

☆ホイールの豆知識☆

-これの意味って?-
JWL(JAPAN LIGHT ALLOY WHEELの略)

この基準は乗用車用軽合金ホイールの適合されている安全基準です。
通産省通達により国内で販売されるアルミホイールには、この技術基準に定められた試験を
製造業者自らの責任において行い適合したものについてはJWLのマークが表示されます。
では、実際にどんな試験をするか 【回転曲げ疲労試験】  コーナリング時の負荷を想定し、主にディスク部の強度を確認するものです。  具体的にはホイールに曲げモーメントの負荷をかけ、規定の回転数を回して強度の確  認を行います。 【半径方向負荷耐久試験】  主にリム部の強度を確認するために行うテストで、具体的にはホイールに垂直方向の  負荷をかけ、規定の回転数を回して強度の確認を行います。 【衝撃試験】  ホイールに重りを落下させ、全体の強度を確認します。
JWL-T(JAPAN LIGHT ALLOY WHEEL TRUCK&BUSの略)

この基準はトラック、バス用軽合金ホイールに適合されている安全基準です。

この技術基準に定められた試験を製造業者自らの責において行い、
適合したものについてはJWL-Tのマークが表示されます。
この場合のトラックには4WDタイプの車などの4ナンバー車も含まれます。
VIA(VIHICLE INSPECTION ASSOSIATIONの略)

JWL、JWL-Tに定める適合商品であるか否かを第三者公的機関の
「自動車用軽合金ホイール試験協議会」が確認するもので、
JWL、JWL-T基準による厳格な品質、強度の再確認強度試験に
合格したものについてはVIAマークが表示されます。

☆アルミホイールの種類って?☆

-ホイールの構造?材質?-

【1ピースホイール】
 ホイール全体がひとつながりの構造で出来ている物。
 強度はあるがやや重い。しかしながら値段は一般的にとてもリーズナブル。
 但し、レース仕様に近い物で非常に高精度に造られ軽くて強度のある物もあり。

【2ピースホイール】
 真ん中のディスク部分とリムの2つの部分を合わせた構造。1ピースより軽く、
 リムとディスク部に最適な材質を使用出来ます。

【3ピースホイール】
 フロントリム、インナーリム、ディスクと3っつの部品を組み上げて造られた物。
 ディスク部分やリム部分を鍛造として部分的に強度を上げたり軽量化することが可能。
 リムサイズとディスクサイズの組み合わせにより豊富なサイズバリエーションを生み出すことが出来る。
 ベストマッチングサイズを捜すならやはり3ピース構造が一番。 


【材質】  一般にアルミホイールはアルミ合金でつくられているけど素材の加工方法の違いや  アルミ以外の合金から作られているものもあります。

【鋳造(ちゅうぞう)アルミ】  これはアルミ合金を溶かした物を金型に流し込んで造ります。  一般的なアルミの大部分がこの作り方です。値段もリーズナブル 【鍛造(たんぞう)アルミ】  アルミの固まりに何千トンもの圧力をかけてホイールの形に作り上げます。  刀鍛冶が刀を造る方法と理屈は一緒。  大変なコストがかかりますが軽くて強度の高い物が造れます。

【マグホイール】  マグネシウム合金を使ったホイール。  マグネシウムは大変比重が軽く強度があります。  しかしその分アルミホイールの形に加工することが非常に困難な材質なため  複雑なデザインをつくることが難しい。

タイヤに関してはこちら!
タイヤに関して
ホイールに関してはこちら!
ホイールに関して
インチアップに関してはこちら!
インチアップに関して
チッソガスに関してはこちら!
チッソガスに関して

Copyright (c) 2009 tire network All Rights Reserved. お問い合わせ プライバシー・ポリシー サイトマップ 特定商取引関する法律表記
Google Sitemaps用XML自動生成ツール